• 24.06.24

    まちだ、ついに娑婆にもどる!

    つい先程、8日間の入院生活を終えてついに帰宅しました。久しぶりの自宅は、洗濯物が干されていて、ほんのりと湿気を感じました。前回もお伝えした通り、今回は「尿管狭窄」の手術です。そしてこれまた前回にお伝えしたのですが、手術のプランのどちらを選択したのかという話なのですが、蛇足ながらおさらいすると、その「2つのプラン」とはこんな感じでした。 ①狭窄部分を切除して、尿管同士を縫合する。②狭窄部分を切除し、 […]

    • 24.06.15

    まちだ、ついに手術を決断する!

    まちだです。 全く個人的なことではありますが、6月17日~24日まで入院することになりました。左の尿管の一部が細くなっている「尿管狭窄」という疾患の治療のためです。若い時分から体質的に尿管結石になりやすく、数年に一度はあの地獄のような痛みに悩まされていました。最近はすっかりベテランとなり、痛みの前兆を感じ取れるまでになりました。年齢を重ねるたびにその間隔は狭くなり、ここ数年は毎年発症する有様。 僕 […]

    • 24.06.13

    10月の「博士と過ごした無駄な毎日」に向けて。

    10月の「博士と過ごした無駄な毎日」に向けて少しずつ準備を進めています。7月には公演の詳細やチケット情報をお伝えする予定です。 また今回は公演のことは勿論、『木製戦闘機キ106の製造』という北海道の知られざる戦争の歴史をより広く知ってもらうために、劇団として初のクラウドファンディングを行うことにしました。多くの方々からのご支援が頂けるよう、そして「応援して良かった」と思って頂けるクラウドファンディ […]

    • 24.05.07

    次は10月!「博士と過ごした無駄な毎日」の再演!

    「博士と過ごした無駄な毎日」の再演を行うことはSNS等で告知しましたが、早くも『楽しみ』とか『絶対に見たい』との声をいくつか頂いています。ありがたいことです。2022年の初演で伝えたかったことはそのままに、より洗練した作品としてお届けできるよう少しずつ準備を始めています。太平洋戦争末期の江別で作られていた木製戦闘機「キ106」に関わった人々の史実を基にした物語です。この事実は秘密裏にされ、1994 […]

    • 24.05.04

    ラジオドラマの脚本を担当しました。

    まちだです。 今月いよいよオープンする「ジョブキタ北八劇場」のアピールするためにOAされた、ラジオ特番「劇場のある街」(STVラジオ)が4月28日にOAされました。当日は多くの方にお聞き頂いたようです。本当にありがとうございます。オープン前の、しかもまだ上演前の舞台セットから生放送。なんとも斬新な企画です。OAの様子はYouTubeでも見られるので、ここでも載せておきます。僕は番組のメインであるラ […]

    • 24.05.02

    「この生は受け入れがたし」総括その③

    まちだです。 劇団words of hearts第18回公演「その生は受け入れがたし」を振り返っています。その第3弾、最終回です。ちなみに使用している解放感にあふれている写真は打ち上げのときのものです。 劇場に場所を移したのが4月23日(火)。僕は夕方から入ったのですが、敏腕舞台監督の下、既に素敵な舞台が出来上がっていました。上手(客席から見て右)は応接セット、下手(客席から見て左)は研究員の事務 […]

    • 24.05.01

    「この生は受け入れがたし」総括その②

    まちだです。劇団words of hearts第18回公演「その生は受け入れがたし」を振り返っています。その第2弾です。 実際に稽古が始まったのは2月末。今回の公演でどんな作品にしたいのかを全員で共有し、戯曲を読み、作品のイメージを膨らませる作業を開始しました。初期の段階ではひたすら戯曲と向き合う時間を設けて、この絶妙な会話劇の構造を探りました。それは薄氷を積み上げるような繊細さが求められました。 […]

    • 24.04.30

    「この生は受け入れがたし」総括その①

    まちだです。 先日、劇団words of hearts 第18回公演「この生は受け入れがたし」が無事に終演しました。ご来場頂きました方々、ありがとうございました。稽古から劇場入り、そして本番まで、まるで夢の中にいるような楽しい時間でした。(写真・高橋克己) 昨年11月の本公演が中止となり、失意に浸る間もなく代替公演のことを考え始めました。来年の4月中に行うことは決まっていたので、時間的なことも考え […]

    • 24.04.22

    いよいよ勝負の旅に出る!

    劇団words of hearts 第18回公演「この生は受け入れがたし」 【あらすじ】 東北地方にあるとある田舎町にある寄生虫研究所。ここに東京から新たに研究員の昭夫が赴任してきた。研究熱心な昭夫とは対照的に、妻の由美は田舎の暮らしになかなか馴染めずにいる。このままじゃいけないと、由美は寄生虫について学ぼうとする。そこで由美は昭夫以外の研究員の様々な面を知る。元夫とその家族との確執、東日本大震災 […]

    • 24.04.18

    頼もしい若手スタッフに囲まれています。

    劇団words of hearts 第18回公演「この生は受け入れがたし」 【あらすじ】 東北地方にあるとある田舎町にある寄生虫研究所。ここに東京から新たに研究員の昭夫が赴任してきた。研究熱心な昭夫とは対照的に、妻の由美は田舎の暮らしになかなか馴染めずにいる。このままじゃいけないと、由美は寄生虫について学ぼうとする。そこで由美は昭夫以外の研究員の様々な面を知る。元夫とその家族との確執、東日本大震災 […]