words of hearts

メニュー

閉じる

About


劇団/メンバー紹介

words of heartsとは?

2008年、それまで舞台経験の全くない現代表の町田誠也が、何を血迷ったのか突然「舞台やりたい!」とたった一人で旗揚げする。しかし未経験ゆえに何をどうしたらいいのかわからないまま、周辺の方々の協力により(≒多大なご迷惑をおかけして)何とかその年に3回の本公演を行う。

一旦活動を休止し、劇団FICTION主催のワークショップやコンカリーニョ「劇を作るということ」などに参加。自らが役者として舞台に立つことで舞台作りのノウハウを学ぶ(目下、現在も勉強中)。

2012年、袖山このみ、河井秀晃らをメンバーに迎えた新体制で第4回公演「僕らは矛盾で出来ている」を発表。活動を再開する(その後2013年に佐藤未侑、2014年に仲野圭亮らが劇団員として参加)。
本公演の他にも教文演劇フェスティバル短編演劇祭への参加や、劇団員の客演も徐々に増え、団体の名前も亀の歩みのごとくながら浸透している。この辺りでそろそろビッグヒットとなるような作品を発表したいところ。
作風は全ての登場人物に光を当てる群像劇が多く、その丁寧な作品作りには定評がある。

目下、慢性的な人手不足。
words of heartsの作品を愛してくれて、かつ一緒に作品作りに参加してくれる人(老若男女問わず。役者でもスタッフでも飲み仲間でも)を随時募集中。

Member

町田 誠也
町田 誠也
代表

1970年10月生まれ。2003年『虹の向こう』(文芸社)を上梓、小説家としてデビューする。2004年『うたかた橋』で北海道文学賞佳作を受賞。その後ラジオドラマ制作を経て、2008年にWOHを旗揚げ。全作品の演出を務める。

2018年
札幌座『暴雪圏』
信山プロデュース『桜井さん』
イレブンナイン『ボクらはみんな』
インディペンデントSPR2018参加作品『猿蟹合戦』(演出)
Org of A 『Vanities』(演出)
コンカリーニョ10周年企画公演『オールドブラックジョー』

2017年
劇団新劇場『かたりの椅子』
クラアク芸術堂『五月の蝶』
浦とうふ店『タウが見た半透明の風景』(脚本)
世界エイズデーシアター『Tea for two 二人でお茶を』(演出)

2016年
浦とうふ店「約三十の嘘」
札幌表現舎「赤い手」(朗読公演)
温故知新音楽劇「Must Go On !!」

2015年
劇団イナダ組「カメヤ演芸場物語」
ハムプロジェクト コレカラの人「G’」
SCHOOLイナダ組「とりあえず、頑張ります」
札幌座「ブレーメンの自由」
札幌座「大海原で」

2014年
Theater Company ZERO 「ダウト」(演出助手)
SCHOOLイナダ組「言葉はいつも思いに足らず」
弦巻楽団 「アンダーザレインボー」
dE-BOO「十二人の怒れる男」(演出助手)
SCHOOLイナダ組「神龍に会いたい」

2012年
劇団イナダ組「これくらいのラーギット」(演出助手)
温故知新音楽劇 「シャッポおじさんの写真館
弦巻楽団「神の子供たちはみな遊ぶ」

2011年
劇を作るということWS公演「カカフカカ」

2010年
劇を作るということWS公演「したい女、したくない男」

袖山 このみ
袖山 このみ

劇団員の袖山です。まだまだ輝き続けたい、魅力的な人間でありたいと思う毎日。最近は衣装を作ったり、小道具をお手伝いしたりなどなどもやってます。

演劇回レギュラー出演中
★まりものこべやレディオしろいし
★FM白石83.0MHz
★毎週木曜日20:00〜21:00生放送

2018年
弦巻楽団 札幌演劇シーズン2018夏「センチメンタル」

2017年
弦巻楽団 札幌演劇シーズン2017冬「君は素敵」
遊戯祭17「それを聴いたとき、」
劇団words of hearts「そらまめ」(ラジオドラマ)
劇団words of hearts「アドルフの主治医」

2016年
TBGZ 短編演劇祭 「6/13 no.502」

2015年
劇団アトリエ (現 クラーク芸術堂)「メシアの蟻地獄」
弦巻楽団 韓国光州公演 「死にたいヤツら」
弦巻楽団 滝川、美唄、帯広地方公演 「死にたいヤツら」
words of hearts 「フライドエッグジェリーフィッシュ」
弦巻楽団 韓国ソウル、テジョン公演「死にたいヤツら」

2014年
Theater Company ZERO 「ダウト」
弦巻楽団 「アンダーザレインボー」
弦巻楽団 札幌演劇シーズン2014夏 「死にたいヤツら」
劇団words of hearts 「正しいけれど正解じゃない」

2013年
温故知新音楽劇 「昭和琴似恋愛譚 桑の実の色づく頃には」
劇団words of hearts 「Scramble EVE」

2012年
同人演劇団想演 「炉心融解」
劇団words of hearts 「僕らは矛盾でできている」
劇団words of hearts 短編演劇祭「さけびつづけるえれじい」
劇団words of hearts 「生まれ変わる予定はない」

2011年
札幌マンガアニメ学院3期生卒業公演「Scramble EVE」

CM出演 北海道新聞社 「北海道の住人から 記者編」

河井 秀晃
河井 秀晃

皆様、こんにちは! 劇団『words of hearts』の河井 秀晃と申します。 『河合』じゃないですよ!?『河井』です!『秀明』じゃないですよ!?『秀晃』です!(笑) 記憶に残る役者目指して頑張ります!

2016年
words of hearts 「ニュートンの触媒」

2015年
SCHOOLイナダ組「とりあえず、頑張ります」
words of hearts 「フライドエッグジェリーフィッシュ」

2014年
words of hearts 短編演劇祭「それは誰の責任?」
words of hearts 「正しいけれど正解じゃない」

2013年
words of hearts 「Scramble EVE」

2012年
words of hearts 「僕らは矛盾でできている」
words of hearts 短編演劇祭「さけびつづけるえれじい」
words of hearts 「生まれ変わる予定はない」

2011年
札幌マンガアニメ学院3期生卒業公演「Scramble EVE」

仲野 圭亮
仲野 圭亮

札幌演劇界屈指の大型俳優、仲野圭亮です!189cmの大きな身体をフルに使って色んな事にチャレンジします!座右の銘は「骨を折らない。特に足の。」です。皆様どうぞお見知りおきを!

2018年
演劇集団-遊罠坊-「培養魚」
劇団リベラルシアター FINAL STAGE「I.Q.」
劇団亜魂「褥草子 百鬼暗行〜再度の怪」
ユニットコントライブF「F」(お笑いライブ)

2017年
劇団リベラルシアター 14th PLANET「SF」
Mu Dream 「ほおばりシアター vol.2」
BLOCH REVIVE Vol.Ⅱ「トキハナ」
劇団リベラルシアターぷちぷち「まいちゃんの運命会議」
劇団words of hearts「アドルフの主治医」
きっとろんどん「ミーアキャットピープル」
霊6ぷれぜんつ「アンドロメダ★俊太郎」(お笑いライブ)
劇団words of hearts「そらまめ」(ラジオドラマ)

2016年
劇団words of hearts 「ニュートンの触媒」
夢果汁100%「POP REPOP POP」(ラジオドラマ)

2014年
劇団words of hearts 短編演劇祭「それは誰の責任?」
劇団words of hearts 「正しいけれど正解じゃない」

2013年
劇団words of hearts「one hours」
劇団words of hearts「Scramble Eve」
「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」監督:橋本一(映画)
「ウサギのホンネ」監督:佐藤真美子(映画)

2012年
劇を作るということWS公演「やんなるくらい自己嫌悪」
ブレブレイン「はんかくせえ」

過去の出演
ラジオ「D's Bridge Bar」第1.3週アシスタント

大和田 拓也
大和田 拓也

遅れてきたOLDルーキー、生粋の弄られキャラ事、大和田拓也(たくやん)です。 「平成最後の年、人生悔いのないように」という事で未経験ながら役者の門を叩きました。 これから皆さんにお会いできる機会を楽しみに自分の成長をどうか見届けに来て下さい!

野崎 優花
野崎 優花

みなさん、こんにちはー!演劇超初心者、野崎優花です!いつも明るく元気が取り柄、これからもキラキラ頑張って行こうと思います!そして只今、ラジオにも出演中!野崎優花をよろしくお願いします!

2014年
words of hearts 「正しいけれど正解じゃない」

過去の出演
ラジオ「D's Bridge Bar」第1.3週アシスタント